2009年11月29日

003 ぱくぱく魚つりゲーム

購入店 ローソン100
発売元 株式会社戸成
対象年齢 3歳以上
満足度 7

0003-1.jpg
これも昔どこかで見たことのあるおもちゃです。105円でそれが再現されるというのはすごいですね。独自アイデアは0に近いですが。

0003-2.jpg
持ち帰る途中でちょっと箱が潰れてしまいました(直したので写真だとほとんどわかりませんが)。とりあえずさっさと開封してみましょう。

0003-3.jpg
パッケージを開けると、台・魚・釣竿が入っています。釣竿は2本あり、対戦できるようになっています。

ゼンマイで回る台の上に穴が開いていて、そこに魚を入れて回転させます。土台に起伏がついていて、魚の口が開いたり綴じたりします。魚の口の中には金属ねじが入っているので、口の開いたのを見計らって磁石つき釣竿で釣り上げる、という仕組みです。

では、ゼンマイを巻いて遊んでみましょう。動画でどうぞ。



はい、釣れません。

どう考えてもおかしいので、止まった状態でもう一度確認してみることにします。



どうも2本の竿のうち、1本の磁力が弱いようです。釣り上げられる確率がまったく違います。これでは魚釣り対決の前に、釣竿の争奪戦になってしまいますね。これはこの品がたまたまおかしいだけだとは思いますが・・・。

ゼンマイの駆動時間が若干短いことを除いては、そこそこ遊べます。105円でこれだけ動きのあるおもちゃが買えるのはすごいですね。ゼンマイ駆動と磁石の強力タッグです。
posted by しかすけ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 据え置き型ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

002 マグネットおえかき板

購入店 ローソン100
発売元 (株)ユーキ
対象年齢 6歳以上
満足度 6


0002-1.jpg

紙やインクを使わず、砂鉄を吸い付けて絵や文字を書くおもちゃです。これもけっこう昔からありますね。僕も持っていました。いまやそれがなんと105円!(サイズは小さいですが)。

0002-2.jpg

書けるスペースはだいたい縦6cm・横9cmです。どのような書き味か、実際に使ってみたいと思います。

全体は魚の形になっていますね。ペンはなくならないように紐でくっついています。

0002-3.jpg

しかすけと書いてみました。画質はかなり粗いです。でもまあ、大きい文字なら表現できますね。消すほうはちゃんと消えました。次は絵です。僕はおっさんの絵しかかけないのでそれで我慢してください。

0002-4.jpg

絵も、簡単なものならいいですが、近くに引いた線に既存の線が引き寄せられてしまうのが若干悩みどころです。また、端のほうは砂鉄がないのか、ほとんど描画できませんでした。

でもまあ、子供の絵や字の練習にはいいんじゃないでしょうか。紙も鉛筆もいらず何も消費しないというのは、やはり画期的ですね。値段の割に頑張ってる製品だと思います。もっとシンプルなデザインにして、大人向けの簡易メモ板にしても良さそうです。

それにしても、どのへんが「マグネット」なのか、子供には理解できないかもしれないなあ。
posted by しかすけ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現・知育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

001 白黒リバースゲーム

購入店 ローソン100
発売元 (株)ユーキ
対象年齢 6歳以上
満足度 7


0001-1.jpg

8x8マスの盤面に白と黒の石を交互に置いて、挟んだやつを引っくり返すアレです。さっそく開封してみましょう。箱を開けると、二つに折りたたまれた盤が出てきます。

0001-3.jpg

盤の中は空洞で、そこに石(コマ)が入っています。コマはマグネット入りです。斜めにしても大丈夫な程度の磁力があります。白は若干くすんでいます。

0001-4.jpg

相手がいないので、一人でゲームを進めてみました。一人でもなかなか熱中できます。最初にこれを考えた人は偉いですね。
ちょっとコマとその間隔が小さいので、指の太い人だと引っくり返すのが大変かもしれません。まあ子供なら問題ないかな・・・。コマは1つ割れかけていましたが、あとはちゃんとしてました。

そしてゲームも終盤・・・・あれ?

0001-5.jpg
コマが足りないよおおおお!!

改めて、箱の裏の説明書きを読んでみます。

0001-6.jpg
すべてのコマがおかれた時ゲーム終了です。
・・・そう、このゲーム、実は初めから64マス分のコマがないようなのです。つまり、残りのコマ数を考えながら勝負しないと、逆転チャンスを逃すこともあるわけですね。それはそれで新しい戦略性がある・・・のかな。どうしても全部にコマを置きたい場合は、紙か何かで自分で6コマ作りましょう。

元々よくできたゲームなので、面白さは保証ずみですね。でも、頑張ってあと6個コマを入れて欲しい・・・。
posted by しかすけ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。