2009年12月27日

006 6面NEWパズル

購入店 キャンドゥ
発売元 株式会社サンコー
対象年齢 6歳以上
満足度 5


0006-1.jpg

今回はとても有名なカタチのおもちゃです。「NEW」と言い切っていますが、とてもクラシックで懐かしい洋風玩具ですね。これ以上アレンジのしようもないモノですが(色の面ではなくキャラクタの絵などにしたものは見かけます)。

0006-2.jpg

昔は「内部が複雑な機構なのでは」と思ったものですが、100円で販売できる程度のものになったんですね。ちなみに遊び方・動かし方の説明は表にも裏にも何も書かれていません。もしかすると、そういうところに法律とかが絡むのかもしれません。いやわかんないですけど。

0006-3.jpg

組み合わせをバラバラにしてみました。不具合なくわりとちゃんと動きますが、段ズレしている時に無理に動かそうとしてはいけません。また、動かした時の感触はカチッというものではなく、ズルッという感じです。

0006-4.jpg

まあ、そういうことで、仕舞いました。

え、遊ばないのかって?

遊びましたよ。

僕、こういう3Dなパズルってダメなんですよ。いくら自分の頭で考えても、小学生の頃からまったく進歩できません。かといってネットで調べてやるのも癪なので、今はそっとしておいてください。
posted by しかすけ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パズルゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

005 おえかき・ボード!!

購入店 キャンドゥ
発売元 株式会社サンコー
対象年齢 小学生以上
満足度 9


0005-1.jpg

"002 マグネットおえかき板"で紹介したのと同じく、砂鉄で絵を描いたり消したりできるおもちゃです。ただ、これは別メーカーのものです。ほとんど同じおもちゃが別の発売元からも出ている、というのは100円ショップでは珍しくないことです。

ちょっと比べてみましょう。

0005-2.jpg

同じ値段とは思えないくらいでかいですね。

描画面は11.5cm×8.5cmもあります。全体は最大たて15.5cm・よこ23cmと、おもちゃ商品としては大型です。全体は蝶の形ですが、ステッカーや紐などはついていませんのでシンプルな印象です。プラスチック部分は、他の色のものもありました。

実際に字を書いてみましょう。描画する面はややザラッとした感じの書き味です。

0005-3.jpg

砂鉄の密度は002の商品と同じくらいで、あまり近い位置に線を書こうとするとすでに吸い付けた砂鉄が移ってしまいます。特に濁点のある平仮名を書く時には注意が必要です。それでも、これくらいの文字数ならなんとか読めるのではないでしょうか。

この大きさなら、子供の簡単な絵くらいなら描けそうです。が、対象年齢は一応「小学生以上」だそうですのでご注意を。

0005-4.jpg

僕もおっさんの絵ではない絵を描いてみました! 相変らず下手ですね。これでも小学生の頃は、絵の賞状をたくさんもらったものなのですよ。その後なーんも努力しなかったので、この体たらくですが!

あ、消す時はイレーサーのレバーを2-3往復したほうがよさそうです。


この大きさで105円なら、かなり良い品ではないでしょうか。家庭や職場でも、紙を使わずに簡単な伝言を残す時などに使えると思います。欲しいかたは大きめのキャンドゥで探してみてください。
おすすめです!
posted by しかすけ at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 表現・知育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

004 ピョンピョンピョコリン

購入店 アインツ21
発売元 (株)ユーキ
対象年齢 6歳以上
満足度 5


0004-1.jpg

今回は、動く人形のおもちゃです。最近の普通の100円ショップにはこういうものはあまり置かれていません。これは独立系のお店で買いました(アインツ21は西武線狭山ヶ丘駅から少し南に行ったところにあります)。

「かわいい!」と書かれていますが・・・たしかに袋のパッケージのヒヨコならかわいいですね。でも中身はなぜか茶色。なぜ茶色なんでしょうか。

0004-2.jpg

開けてみました。高さは8センチくらいです。手触りは悪くないですが、たまに毛のゴミが落ちてきます。やはり茶色というのがどうも。角度によってはかわいく見えないこともないです。

0004-3.jpg

目はよく人形に使われる、黒目が動くタイプのものですね。これ、目全体が丸くなかったらまだかわいいんですが・・・。僕が子供の頃は、こういう目は表情を感じにくいので不気味に感じたものです。

動力はゼンマイです。まわす時に毛を一緒に引っ張らないように注意が必要です。動く様子は動画でどうぞ。ゼンマイの巻きは少なめにした状態です。



なぜかどうしても左にカーブします。また、けっこうゼンマイの途中で止まってしまうので、頭を軽く押すなどして動かす必要があります。足は1本ですが安定感はあります。

動きは100円おもちゃとしては上出来ですが、とにかく顔が残念です。こういったものは有名キャラでなくてもデザインさえ良ければ売れそうな気がするので、惜しいと思います。パッケージと同じヒヨコのものがあるなら欲しいですね。

買ってから自分で外装を変えても面白いかもしれません。基本的には手芸用品で何とかなると思いますので、ゼンマイ駆動キットと割り切って工作に使うのもいいと思います。
posted by しかすけ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。